非モテ、童貞を卒業したいオクテ男子が知るべき恋人作りの極意

ぼっちの恋愛相談室

彼女の作り方

彼女を作りたい人が心得るべきたった一つのこと

更新日:

 

「何としてでも彼女を作りたい!」

そう考えている人が最速で恋人を作るにはどうしたらいいと思いますか?

身だしなみを整える?
内面を磨く?
女性に優しく接する?

他に思いつくことはありますか?

これらはすべて正解です。しかし、前提として心得ておきたいことが一つ抜けています。

これを実践すれば、彼女を作るハードルはグッと低くなります。すぐに彼女ができると言ってもいいくらい、絶大な効果があります。

実践的なハウツーを学ぶ前に、しっかりチェックしておきましょう!

 

今すぐ彼女を作りたい人はコレを忘れちゃダメ!

彼女の作り方について学ぶとき、最初に心得ておきたいことは一つ。

「選り好みするな」

たったこれだけです。

選ばなければ、誰でも彼女を作ることはできます。

恋活も婚活も大事なのは、いかに妥協できるか。自分を顧みず、高望みばかりしている人は、一度立ち止まって戦略を練り直しましょう。現実を見なければいけません。

もちろん「大好きなあの子を彼女にしたい」という気持ちは大事にしてください。そういう思いは素敵です。

「誰でもいいからやらせろよ」と言われて喜ぶ女性はいませんからね。女心としては、「大好きな君に彼女になってほしい」と言われた方が断然嬉しい(ただし距離感を間違えると気持ち悪がられるので注意)。

大事なのは、「好き」という気持ちだけで押し切らないことです。

どんなに相手を大切に思っていても、自分に釣り合っていなければ、彼女を恋人にすることは難しいのです。

だから、まずは自分を知ること。そして、自分を磨き、高めていくことです。

最短で彼女を作るためには、「今の自分」に釣り合う女性を見つける。これが成功の秘訣です。

 

ストライクゾーンを広く持つべし

「選り好みするな」と言われて頭では納得しても、どうしても生理的に受け付けないタイプはありますよね。

「ブスは嫌だ」
「オバサンは嫌だ」
「デブは嫌だ」

そういう思いもあるでしょう。確かにその通りです。私だって不潔でだらしない体の男性と付き合いたいとは思いません。

ただ、一度考えてみてください。

自分の評価基準、かなりキツめに設定していませんか?

30代後半なのに「20代前半のピチピチ女性がいい」と思っていませんか?

どこかで「JKやJDが付き合ってくれたらなぁ~」と夢見ていませんか?

イケメンや高収入の金持ちであれば、なびいてくる女性はたくさんいます。

しかし、あなたはどうでしょうか?

突出した魅力を持たない男性が高望みをしても、思うような成果は得られません。

自分のことを棚に上げて、他人にあれこれ注文をつけてはいけないのです。

まずは、自分と釣り合う人を見つけましょう。

自分が思っている以上に過大評価していることって、結構あるんですよね。

 

可愛い女の子を諦めろと言っているわけではない

「ストライクゾーンを広く持とう」と言われて、どう思いましたか?

「あぁ、美女や可愛い女の子は諦めないといけないのか……」

そうガッカリしているあなたに伝えたいことがあります。

ストライクゾーンを広く持つことは、素敵な女性と付き合うことを諦めることではありません。

もちろん美女は人気ですから、ライバルが多く、すぐ別の男性に取られてしまいます。

でも、もしその女性があなたと釣り合う人間性であれば、付き合うことは可能。

「ストライクゾーンを広く持つこと」は、必ずしも高嶺の花を諦めることではないのです。

ここで伝えたいのは、彼女を作ることは決して難しくないということ。

最速で彼女を作りたい人は、守備範囲を広くする。それだけで、成功確率はグンと上がります。

何度でもくり返しますが、ストライクゾーンを広くすれば広くするほど、彼女は作りやすくなりますよ。

 

守備範囲を広げるための具体策

それでは、「何としてでも彼女を作りたい!」と焦っている人向けの具体策を考えてみましょう(意中の女性がいて「その人以外に考えられない」という人の対策は、別の機会に譲ります)。

「守備範囲を広くしよう」と思っても、人は第一印象で判断してしまう生き物です。

つまり、パッと見で「ある」「なし」を判断してしまっているわけですね。

それを防ぐためには、判断力を鈍らせる必要があります。頭をバカにしなくちゃいけないわけです。

そのために心掛けたいのが次の2つ。

  • アプローチ量を増やす
  • 顔を見ない

一つずつ説明します。

アプローチ量を増やす

彼女を作ることを最優先するのなら、考えるより前に行動する。とにかくアプローチ量を増やしましょう。吟味しちゃダメです。

こういう言い方はあれですが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」。

素人に一本釣りは難しいです。まずは地引網で広範囲にアプローチしていきましょう。

あるいは、飛び込み営業マンになったつもりで。話してみないと、成約できるかどうかはわかりません。

悩むより前に動け!!!

そんな心意気でいきましょう。

顔を見ない

顔を見ないってそんなの無理ですね。ここで言いたいのは、見た目だけで判断しちゃダメ! ということ。

もちろんそれは難しいことです。

でも、第一印象で「ないな」と判断したときや、女性とちょっと会話をしたとき、想像してみてください。

「イマイチだな」と思った女性の顔が石原さとみだったらどう思うだろう?

死ぬほど可愛いあの子の顔がゴリラだったら、あの言葉をどう受け取ったかな?

一瞬だけでもいいから考えてみてください。それだけで盲目になることを防げます。

外見に惑わされてはいけません。

どんなにいびつなグラスでも、中には世界一おいしいジュースが注がれているかもしれないのです。どんなに美しいグラスでも、中身はからっぽ、汚れがいっぱいの可能性もあるのです。

人間の本当の魅力を見極められる人は素敵です。

さぁ、素敵な人になりましょう。

 

まとめ

最速で彼女を作るために必要なのは、相手を選り好みしないこと。

対象を広げれば、彼女ができる可能性がグッと高まります。

「可愛い女の子を諦めろ」と言っているわけではありません。「ブスな女を選べ」と言っているわけでもありません。

ただ、もっと視野を広げようという話。

この世に女性はたくさんいます。自分が思っている以上に、さまざまなタイプの女性がいます。

自分で可能性を狭めてはいけない。

ストライクゾーンは広く。

「どんな球でもどんと来い!」

そんな広い心で待ち受けていれば、その男気に魅力を感じてくれる女性が現れます。

迷ったときには、自問してください。

「ほどほどの彼女を作って恋愛経験値を増やすか、彼女いない歴の記録を更新するか?」

このことを忘れなければ、数か月後、あなたの隣には、あなたの肩に頭をもたれかけて甘える彼女の姿がそこにあることでしょう。

 

ハッピーメール

-彼女の作り方

Copyright© ぼっちの恋愛相談室 , 2020 All Rights Reserved.