非モテ、童貞を卒業したいオクテ男子が知るべき恋人作りの極意

ぼっちの恋愛相談室

女性に好かれるアプローチ方法

「会話が続かない!」女性との会話が途切れないコツ&話を広げる簡単テクニック

投稿日:

 

「女性との話が続かない」
「会話が盛り上がらない」
「沈黙が気まずい」

そんな悩みを解決する「会話のコツ」を今回は紹介します。

今から紹介する方法を使えば、上手に会話を盛り上げることができます。女性との会話が苦手な男性でも、無理なく話を広げられるちょっとしたコツです。

基本さえ覚えてしまえば、リラックスして会話を楽しめます。緊張も解け、女性と話すときにも余裕が生まれます。

余裕はモテ男になるための必須要素。

気になる女性の彼女候補を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

女性との会話を続けるために必要なことは?

女性との会話で大事なのは、たわいもない話を楽しむこと。

一方的に面白い話を聞かせるのではなく、会話のキャッチボールを楽しむことが大切です。

会話の流れはごくシンプル。

会話の流れ

  1. 話のきっかけを作る
  2. 質問する
  3. 話を広げる

この3つのくり返しです。

中でも重要なのが、相手の話を引き出すために、上手に質問すること。

そのためのコツを今から紹介していきます。

 

話のきかっけを作るコツ

あいさつ、世間話から始める

まずは、軽い雑談から。手紙でいうところの時候の挨拶的な決まり文句です。

「今日はいい天気ですね」
「毎日暑いですね」

ここから話を広げることができます。

話の広げ方の例

「今日はいい天気ですね」
→「こんな日は行楽に行きたくなりますね」
→「今、京都・嵐山の紅葉が見ごろみたいですね」
→「京都は行ったことありますか?」

持ち物について話す

相手の持ち物から話を広げるのも一つ。

男性と共通するものが言及しやすいです。

例えば、スマホ、時計、カバンなど。同じ機種、ブランドであれば、そこから話を広げられます。

「それいいよねー」「おしゃれだね」と褒めつつ、相手の好みを探ることもできます。

上級者になれば、相手の身なりから話を盛り上げていくことも可能です。

話の広げ方の例

「その服かわいいですね」
→「○○さんってオシャレですよね」
→「買い物とかどこでするんですか?」
→「へぇ、原宿よく行くんですか!いいですね!」
→「おすすめのお店とかありますか?」
→「へー行ってみたいな~」

「そういえば」で仕切り直す

会話が途切れたときは、新たな話題を探しましょう。

「そういえば」で切り出せば、話が変わっても違和感がありません。

質問が思いつかないときや話を広げられないときは、

  • 最近あった出来事
  • 行った場所
  • 面白かった話

などのエピソードが使えます。

これはカードゲームをイメージするとわかりやすいかと思います。

  • プレイヤーは手札を順番に場に出す
  • 出せる手札がなくなったら、山札を引く

この山札をいかにストックできるかで、会話の広がりが決まります。

山札(会話の引き出し)を増やすためにも、日頃からアンテナを立てて、ネタ収集しておきましょう。

話の振り方の例

「そういえば、この前オープンした駅前のレストランに行きました。行ったことありますか?」」

「そういえば先週○○って映画観たんですが、すごく面白かったですよー」

「そういえば○○さんって、旅行によく行かれるって言ってましたよね? おすすめの観光地はあります?」

 

上手に質問するコツ

女性との会話で大切なのは、いかに相手に話してもらうかです。

そのためには相手の話を引き出す質問が重要になります。

では、どうやってその質問を考えたらいいのでしょうか?

実はある程度パターンは決まっています。以下の型を覚えてしまえば、頭を悩ませることなく質問を作れるようになります。

わからないこと・気になったことを尋ねる

まず相手に興味をもって「どんな人なのか」「何に興味を持っているのか」を考えてみましょう。

初対面でタブーの会話もあるので、「沈黙…気まずい!」話を盛り上げる会話ネタ17種【実例つき】もあわせて参考にしてみてください。

5W1Hで質問する

小学校で「いつ・どこで・誰が・どうした」ゲームをやったことのある人もいるのではないですしょうか。

この疑問詞を思い出せば、自動的に質問はできあがります。

when(いつ)
where(どこで)
who(誰が)
what(何を)
how(どのように)
why(なぜ)

ビジネスの場面でもフレームワークの一つとして挙げられるものです。ぜひ使ってみてください。

「○○さんは?」と聞き返す

相手から質問されて、次に何を言うか困ったときは、同じ質問をしてみましょう。

LINEでも、最後に「○○さんは?」とつけるだけで、返信率が上がります。

会話のポイント

  • 相手の話に興味を持つ
  • 相手にたっぷり語ってもらう(聞き手に回る)
  • 上手に質問する
  • 映像を思い浮かべながら、関連する話題を連想する
  • 沈黙を埋めようと焦らない

相手の話に興味を持てないときは、レポート課題だと思って聞くのも一つです。あとでレポートを提出しないといけない、今聞いている話をまとめないといけない。そんな意識で聞けば、自然と質問も浮かびます。学校の勉強よりはラクショーですよね。

 

【話を広げるテクニック】連想ゲームをしよう

話を盛り上げるためには、どんどん話を広げていかなければいけません。

話を広げるために必要なのは、連想する力です。

スムーズに連想するのコツは、映像を思い浮かべながら考えること

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、ポイントを押さえておけば簡単です。

連想ゲームのコツ

  • 分類から考える
  • 観察する
  • 共通点から探す
  • 対立するものを探す

分類から考える

今挙げている話題がどのグループに属しているか考えます。

  • 上位グループ
    (例:りんご→果物)
  • さらに詳しい分類
    (例:りんご→青りんご)
  • 同じグループ内の仲間
    (例:りんご→みかん)

食べ物のグループ

映像を思い浮かべながら考えてみましょう。

観察する

そのものを観察して、特徴を見たままに挙げていきます。

バナナの特徴

バナナ:黄色、甘い、柔らかい、皮を向く、滑る、腐る

名詞、形容詞、動詞で表現するようにすると、答えが出しやすくなります。

共通点から探す

似ているもの、比喩表現を探すような作業です。

先ほどのりんごの例であれば、

  • 色が同じ(例:りんご→トマト)
  • 東北の特産(例:りんご→さんくらんぼ)

など。この他にもいろいろな視点で共通点を探すことができます。

  • 作り方
  • プロセス
  • 年代
  • 要素
  • 目的

関連する要素を挙げて、「見た目は違うけどココは同じだね!」という点を探します。

対立するものを探す

「きのこの山 vs たけのこの里」論争のような敵対するものを連想するのも一つです。

「犬 vs 猫」
「ごはん vs パン」
「うどん vs そば」
「夏 vs 冬」
「S極 vs N極」

などなど。「どっち派」の質問は、盛り上がりやすい話題です。

連想ゲームのポイント

  • 支離滅裂でOK
  • 正しさ、うまさを求めない
  • 間違っていてもいい
  • 思い付きを大切にする

 

連想力を高める方法

慣れないうちは、連想しながら会話をするのが難しいかもしれません。

そんなときは、次の方法で、連想の基礎力を上げることができます。

知識・経験を蓄積する

連想するためには、知識が必要です。知らなければ、何も答えようがないですものね。

とにかくインプットが大事。広く、浅く、知識と経験を蓄えていきましょう。

  • 本やニュース
  • 歴史
  • 趣味
  • 生活

など、興味のあるところから、知識を広げてみてください。雑学を得るような気軽な感覚でOKです。

視野を広く、海外にも目を向けてみると、思わぬ視点が見つかったりします。

何度も練習する

あとは練習あるのみです。毎日、気づいたときに連想ゲームをやってみましょう。

頭の中だけでやっているとうまくできているかわかりにくいので、出力することが大事です。

  • 声に出す
  • 紙に書き出す
  • ブログに書く
  • Twitterの連ツイ機能を使う(鍵アカで)

など。実際にアウトプットしてみると、自分がどれだけできている確認できますよ。

今、やってみよう!

やり方を聞いても、実行しなければ意味がありません。

というわけで、今、連想ゲームをやってみましょう。

お題は「パンダ」で行きましょうか。先ほど紹介した要領で考えてみてください。

では、スタート!

・・・・・・

いかがでしょうか。意外と頭を使いますよね。

自分の頭で考える習慣がついていないと、考えること自体が難しいです。

悩んだときに、先に答えを探したくなりませんでしたか?

即ググる習慣のついていると、まず答えを探してしまいがちえす。

まずは、答えを一切見ないで考えましょう。

間違っていてもいいから、自分なりの答えを提出することが大事です。

 

まとめ

以上、会話を続けるコツと、話を広げる簡単テクニックを紹介しました。

会話の流れ

  1. 話のきっかけを作る
  2. 質問する
  3. 話を広げる

話を広げるコツ

  • 5W1Hで質問する
  • 「○○さんは?」と聞き返す
  • 映像を思い浮かべながら連想する

今回紹介した方法を覚えておけば、「会話が続かない…どうしよう」と気まずい思いをすることはなくなります。

さらに何度も練習することで、会話は上達します。難なく話を広げることもできるようになります。

余裕をもって会話をすれば、リラックスできるので、女性と話すのがもっと楽しくなりますよ。

会話の仕方がわからなくなったときは、またこのページの内容をおさらいして、再チャレンジしてみてくださいね。

ハッピーメール

-女性に好かれるアプローチ方法

Copyright© ぼっちの恋愛相談室 , 2020 All Rights Reserved.